ブックメーカーで稼ぐって実はかんたんです。まだ詐欺塾に騙されますか?このブログではブックメーカー投資で月収50万円を稼ぐを詳しく解説しているブログです。

ブックメーカーで50万稼ぐ!ブログ

ブックメーカー稼げる

ブックメーカー投資をするならサッカーがおすすめ?

更新日:

 

ブックメーカーで収入を得たいけど、どのスポーツが良いのか分からないという方は

まずはサッカーに挑戦してみるのが無難だと思います。

 

様々なスポーツにブックメーカーでは賭けることができますが、

投資として稼ぐ手法としてメジャーなのがサッカーとテニスです。

 

野球やバスケなど、他のスポーツでも稼いでいる方も極少数ではいらっしゃいますが、

ほとんどの方はサッカーかテニスで利益を出しています。

 

私の場合、テニスではうまくいかなくて、サッカーに挑戦したところ利益を出すことが

できるようになりました。

 

ブックメーカー業界で言われているのは、

 

テニスは上級者向け、サッカーは初心者向けであるということです。

 

テニスですと、キャッシュアウトや賭ける時の判断する時間が短く

上級者向けであると言われているんですね。

 

その点サッカーはじっくり判断しbetすることができますので、

より初心者向けだと言われています。

 

向き不向きは人によってあるとは思いますが、スポーツベットの中でもサッカーは

稼ぎやすいスポーツなので、個人的にはおすすめです。

 

ただ、サッカーといってもいくつか手法があり、どの手法で投資をするかによっても

うまくいくのかいかないのかが変わってきます。

 

では、サッカーではどの賭け方がうまくいきやすいのでしょうか?

 

サッカーはどの投資法が稼ぎやすい?

ブックメーカーサッカー

サッカーに関して言えば、手法はざっくり大きく分けて、「アンダー投資法」「オーバー投資法」

の2つになります。

 

他にも賭け方はあるのですが、この2つがサッカーではメジャーな賭け方になります。

 

それぞれどういった特徴があるのかご紹介をしていきます。

 

アンダー投資法とは

 

サッカーのアンダー投資法は、簡単に言えば「ゴールが入らない」ことを予測する

賭け方です。

 

オッズは1.01~1.1倍の間でベットするような賭け方で、かなり低いオッズでコツコツ

利益を重ねていくような手法になります。

 

このアンダーの賭け方にはメリットとデメリットがあり、それを理解していないと

失敗してしまうので、メリットとデメリットについても書いていきます。

 

アンダーのメリット

 

アンダーのメリットは以下の通りです。

 

  • 勝率が高い
  • ベット数が多い

 

勝率が高い

 

アンダーでは低オッズだけど、勝率が高いものにベットしていく賭け方のため、

勝率は90%以上はある手法になり、ほとんど負けない賭け方になります。

 

ベット数が多い

 

ブックメーカーをやる方の中には、ベットを沢山したがる方が多いですが、

アンダーは対象の試合が多いため、1日に何回もベットをすることができます。

 

アンダーのデメリット

 

アンダーのデメリットは以下の通りです。

 

  • 1回の負けで振り出しに戻る
  • 賭け金を大きくする必要がある
  • 規制にかかりやすい

 

1回の負けで振り出しに戻る

 

アンダーは勝率が高いと言っても、オッズが低いため1回完全に負けたら20連勝、30連勝はしないと

いけない賭け方になります。

 

勝率が95%あったとしても、オッズが低ければ1回の負けで振り出しに戻ってしまいます。

 

コツコツドカンという負け方に当てはまるもので、負けなしでコツコツと増やせていたのに、

一気になくなってしまうということがアンダーではあります。

 

 

賭け金を大きくする必要がある

 

アンダーはオッズが1.1以下の低いオッズにベットしていくため、ある程度の額を稼ぐには

必然的に賭け金を大きくする必要があります。

 

1回の賭け金が5万、10万とかなり大きくする必要があるため、人によっては精神的負担が大きいです。

 

また、1回負けたら一度に10万、20万となくすことも起きるのでリスキーな賭け方になります。

 

規制にかかりやすい

 

アンダーの一番のデメリットはブックメーカーの規制に引っ掛かりやすいことです。

 

低いオッズにほとんど負けないようにベットするような賭け方は、ブックメーカー側の

不利益になることなので、低オッズで稼ぎ続ける賭け方は規制の対象となりやすいです。

 

特に『Max bet規制』には注意しましょう!

↓  ↓  ↓

⇒ブックメーカーで稼ぐならMaxbet規制を回避せよ!

 

そのため、アンダーだけでずっと稼ぎ続けることが難しく、一時的に資金を増やすための

手段にしかなりえないです。

 

お小遣い程度でアンダーの手法で稼ぐのは良いですが、規制を避けるためにも低オッズに

ベットし続けるのはやめた方がいいです。

 

オーバー投資法とは

 

サッカーのオーバー投資法は、アンダーとは逆で「ゴールが入る」と予測する賭け方になります。

 

オッズは1.5~3倍以上と高いオッズにベットしていくのが特徴です。

 

オーバーにもメリットとデメリットはあるので、ご紹介したいと思います。

 

オーバーのメリット

 

オーバーのメリットは以下の通りです。

 

  • オッズが高い
  • 少ない資金でも稼げる
  • 規制の心配が少ない

 

オッズが高い

 

オーバーはオッズが1.5~3倍以上と高いオッズにベットしていくため、1回の

リターンが大きいです。

 

例えば、アンダーでオッズ1.05に10000円ベットしたとしても500円のリターンですが、

オーバーでオッズ1.8倍に10000円ベットしたら8000円のリターンになります。

 

もちろん、オーバーの方が勝率は下がってしまいますが、オッズが高いので1回の負けで

振り出しに戻るといったようなことは起きません。

 

1回負けてもしっかりと試合を選べば、すぐにでもプラスに変わるので、コツコツドカンという

嫌な気分を味わうことはないです。

 

勝ったり負けたりを繰り返して増やしていく方法なので、アンダーよりも稼ぎやすいです。

 

少ない賭け金でも稼げる

 

アンダーでは大きな賭け金でないと、ある程度は稼げないですが、

オーバーでは1回の賭け金が500円、1000円スタートでも資金を増やしていくことができます。

 

オッズが高いため、いきなり10000円で賭けていくといったようなことは必要なく、

資金を3万円入れてスタートということでも十分にやっていけます。

 

元手が少なくても大丈夫なので、ブックメーカー初心者にもおすすめです。

 

規制の心配が少ない

 

低オッズにベットし続けると、ブックメーカーに規制をされる可能性が非常に高いですが、

オーバー投資法のような高オッズにベットしていれば、規制になる心配はかなり少ないです。

 

勝ったり負けたりを繰り返して稼ぐ方法なので、ブックメーカーのギャンブルを楽しんでもらうという

意図に沿った賭け方になります。

 

低オッズで全く負けないような賭け方は明らかな投資目的と判断されてしまうので、高オッズにベットする

ことが規制を回避するのに必要です。

 

オーバーのデメリット

 

オーバーのデメリットは以下の通りです。

 

勝率は約60%

 

低オッズの賭け方だと勝率は90%以上と、ほぼ負けなしで勝つことが当たり前になりますが、

オーバーでは勝率は平均して60%くらいです。

 

3回に1回は負ける感覚なので、低オッズに慣れている人にとっては多く感じると思います。

 

また、勝率が60%ほどなので、負けた時に熱くなりやすいというデメリットもあります。

 

1回、2回の負けに耐えれらないような方には向いていない手法でもあります。

 

試合数が少ない

 

オッズが高い分、勝てる条件に当てはまる試合も少なくなってしまいます。

 

チャンスを待てず、頻繫にベットしたいというタイプの方は我慢をするのが難しい

かもしれません。

 

サッカーはオーバーの方が稼ぎやすい

 

サッカーのアンダーとオーバーの投資法の特徴をご紹介してきましたが、

結論としてはオーバーの方がおすすめです。

 

そもそも、アンダーは続けていたら規制にかかる可能性が高いため、

オーバーの方が良いです。

 

私もオッズ1.8倍~3倍以上のオーバーに絞ってベットをしており、私が教えている

コンサル生の方にもオーバー投資に取り組んでもらっています。

 

アンダーでは稼げなかったけど、オーバーで月収10万、20万、100万を達成した方も

コンサル生さんの中から輩出しています。

↓  ↓  ↓

ブックメーカーのコンサル生実績コチラ

 

これはやってみないと分からないことですが、

もしサッカーに挑戦してみようという方は、オーバーに頑張って取り組んでみてください。

 

-ブックメーカー稼げる

Copyright© ブックメーカーで50万稼ぐ!ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.