ブックメーカーで稼ぐって実はかんたんです。まだ詐欺塾に騙されますか?このブログではブックメーカー投資で月収50万円を稼ぐを詳しく解説しているブログです。

ブックメーカーで50万稼ぐ!ブログ

ブックメーカーやり方

ブックメーカーのオッズの見方を解説!どの表記が分かりやすい?

投稿日:

 

DecimalやAmericanなどブックメーカーのオッズは表記の仕方によって見方が違います。

 

オッズはいくら賭けたら、いくら利益が出るのかすぐに計算ができるように自分にとって

見やすい表記にしておくのが良いです。

 

そこで、今回はブックメーカーのオッズの表記の見方について解説していきます。

 

 

主なオッズの表記方法

 

ブックメーカーのオッズの主な表記方法は以下の3つです。

 

  • Decimal(デシマル)
  • Fractional(フラクショナル)
  • American(アメリカン)

 

全部の表記の見方は覚える必要はありませんが、1つずつ解説をしていきます。

 

Decimal表記の見方

 

Decimalは日本の競馬や競輪などでも使われているオッズの表記方法で、

日本でもよく使われているオッズの見方です。

 

例えば、

 

 

1.61倍に10000円ベットしたとして、勝った場合は16100円のリターンがされ、利益はプラス6100円となります。

 

計算は、(1.61-1)×10000=6100円となります。

 

オッズから1を引いた数字とベット額をかければ利益の計算ができます。

 

Fractional表記の見方

 

Fractionalの表記は主にイギリスで使われており、日本人にとっては馴染みがない表記方法になります。

 

 

例えば、5/4のオッズに10000円ベットする場合は、リターンは22500円となり、利益は12500円となります。

 

計算方法は、5÷4×10000=12500

 

となります。

 

オッズの数字を割り算をして計算をしないといけないので、パッとすぐに利益の計算がしづらい表記方法です。

 

American表記の見方

 

Americanの表記方法はアメリカで使われており、ネガティブ(-)とポジティブ(+)で表記されます。

 

マイナス記号(-)が付いている場合は、100ドルの利益を得るためにはいくら賭けないといけいかを意味し、

プラス記号(+)が付いている場合は100ドルのベットで得ることができる利益を表しています。

 

 

まず、ネガティブ(-)の計算の例を出してみます。

 

この試合のOver1.5のオッズは-150となっており、100ドルの利益を出したいのであれば、150ドルを賭ける必要

があるということを意味しています。

 

-150ドルのオッズに150ドルベットすると、250ドルのリターンとなり、利益は100ドルとなります。

 

次に、ポジティブ(+)の計算の例です。

 

この試合のUnder1.5のオッズは+110となっており、100ドルをベットした場合、リターンは210ドルで利益は

110となる計算です。

 

日本人にはDecimal表記が一番分かりやすい

 

オッズの表記方法の見方を解説しましたが、Decimal表記以外のオッズの見方は

日本人にとっては馴染みがなく、見づらいと思う人の方が多いと思います。

 

オッズの表記方法が違うだけで、得られる利益はどれも一緒なので、

倍率で一目で分かりやすいDecimalでオッズはチェックするのが一番良いと思います。

 

オッズ2倍なら、ベットした額分の利益が出るなといったように、日本人にとっては

計算がしやすいと思います。

 

特にこだわりや理由がないのであれば、無難なDecimal表記でオッズを見るようにするのがおすすめです。

 

 

-ブックメーカーやり方

Copyright© ブックメーカーで50万稼ぐ!ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.