ブックメーカーで稼ぐって実はかんたんです。まだ詐欺塾に騙されますか?このブログではブックメーカー投資で月収50万円を稼ぐを詳しく解説しているブログです。

ブックメーカーで50万稼ぐ!ブログ

ブックメーカー法律

ブックメーカーの税金ってどうやって払うの?

更新日:

ポイント

■ブックメーカーで稼いだら税金は払わないといけない?

■ブックメーカーの利益はどうやって計上するの?

あーこです^^

 

私のブログには毎日のように質問がありますが、

数ある質問の中で多いのが

 

ブックメーカー税金ってどうやって払うんですか?」というもの。

 

この記事ではブックメーカーの税金の税率や計上方法、

年収三千万以上を稼いでいる私の税金のコツなどをお話ししていきます。

 

そういえば、ブックメーカーって違法じゃない?過去逮捕者はいるんでしょうか?

→ブックメーカーは違法?過去逮捕者は?

 

ブックメーカーの税金はどうなってるの?

ブックメーカー税金

ブックメーカーの税金なんですが、他の投資事と計上方法が似ています。

 

株やFXですと、確定申告の時に「雑所得」として計上し、税務署に申告しますね。

 

会社員の人・・・年間で給与以外に20万円以上収入があれば確定申告が必要

 

主婦や年金生活者・・・年間で36万円以上の収入があれば確定申告が必要

 

となります。

 

ブックメーカーの税金計算方法

税金の計算方法ですが、この国日本では所得が高いほど税金は高くなっていきますwww

 

年収一千万以下・・・副業(ブックメーカー投資)の収入の3割ぐらいが税金

 

年収二千万以上ぐらい・・・ブックメーカー投資の収入の4.5割ぐらいが税金

 

となりますね。私の肌感覚ですと、5割ぐらいを税金で納めている感覚でいます。

 

税金は使われるべき所に使ってほしい!なんていつも多額の税金を支払いながら思っています・・・。

 

個人事業主ですと、年収二千万以上ぐらいから税金が5割ぐらい支払っている感覚なので、

このぐらいの年収帯になると、法人化を考え始める人が多いです。

 

法人化すれば所得税が3割程度となり、節税できるからですね。

ブックメーカーの税金ってバレないの?

よく、

「ブックメーカーで稼いでも、バレないから税金なんて払わなくていいよ!」

なんて意見も目にしますが、

 

私自身は「しっかり稼いで払うべき税金はきっちり払う」を心がけています。

 

というのも、脱税すれば財産差し押さえが怖いですし、

何年もしてから追徴課税(後から税金を納めること)で、利息がついてさらに多くの税金を

支払う可能性もあるからです。

 

「税金があとから請求されたらどうしよう・・・?」

 

なんて思いながらビクビクブックメーカー投資で稼いでいても集中できません。

 

なので、支払いべき税金はしっかりと払いつつ、ブックメーカー投資で集中して稼ぐほうが

精神的にもバランスが取れます。

 

そもそも、ブックメーカー投資ならバレない!という考え方は、

何年も前にブックメーカーでネッテラーを使っていた時の古い意見ですよね。

 

ネッテラーでブックメーカーに入金し、海外のATMカードでお金を引き出せば、

日本の銀行にも税務署にもバレないよ!という理由だと思いますが、

 

今はネッテラーもブックメーカーで使えないですし、税金は逃れることはできません。

 

ブックメーカーから銀行に出金した時点で銀行はお金の動きを把握しているので、

 

課税対象となる利益が出ているなら必ずバレます。

 

最近では青汁王子が巨額の脱税をして捕まってしまったケースが

ニュースでありましたが、

払うべき税金を払わないと重い処罰を

与えられることになります。

 

国税庁は非常に厳しいので、1円でも払う税金が発生するのであれば、

 

大人しく払うのが良いです。

 

脱税をしたら罰則でさらに税金を払う必要がありますし、

最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

 

そんなことにはならないように、

ある程度利益が出ているなら、

確定申告をしないといけないなという意識をもって、

2月15日~3月15日までに確定申告を行い

しっかりと税金は払いましょう。

 

税金でもっていかれるのはすごくもったいなく感じますが、

それ以上に稼げばいいだけですからね。

-ブックメーカー法律

Copyright© ブックメーカーで50万稼ぐ!ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.